ramkaの朝ごはんはピーナッツパン

超個人的備忘録です。基本自分のためなので、内容の不備、読みづらさ、つまらなさはご了承ください。

多次元配列を宣言して使えるまで

いろんな言語を味見するたび思う

インクリメントしかり、ループしかり、なんで書き方揃えないんでしょうね

それほどプログラミングが好きなわけではないのでわかりません

swiftでの多次元配列の宣言は以下のサイトを参考にしました
宣言はです

qiita.com

多次元の配列だよーってだけで、要素数は何個だよーって定義はされていないので、
これでhogehoge[1]なんて指定したら怒られる

appendで必要な分追加する

他にいい方法があるかもしれませんが、今のところわかりません

5×5の二次元配列であれば

var hoge = [[Double]]()        

〜〜〜中略〜〜〜

for cnt in 0..<5 {
    hoge.append([0])
    
    for _ in 0..<4 {
        hoge[Int(cnt)].append(0)
    }
}

ファイルの有無を確認する

ファイルの有無を確認する

ファイルの確認はileManager.default.fileExists

引数はpathなので、URLだったら「.path」メソッドでパスに変換する

let fileURL:URL = documentsURL.appendingPathComponent("backimg" + tag.description + ".png")
        
if( FileManager.default.fileExists(atPath: fileURL.path) ) {
    print("ファイルあり")
} else {
    print("ファイルなし")
}

tagを指定して線とか文字の色変える

コードからView(ボタンなど)を追加して、
あとからコードでそのViewの色を変えたいときのメモ
基本的にはtag指定して、戻り値をそのViewにキャストして、色を変えたりする

以下がボタンの色を変えたりするコード

let btn: UIButton
btn = self.view.viewWithTag(tag) as! UIButton
btn.layer.borderColor = UIColor.blue.cgColor
btn.setTitleColor(UIColor.blue, for: .normal)